規制に関する事項

規制に関する事項

規制に関する事項

建築基準法による規制対応製品

ここ数年の住宅への苦情相談内容として、揮発性有機化合物が室内に滞留し一部住む人の健康を損なう現象(シックハウス症候群)が報告されるようになりました。健康を阻害している物質の一つとして、接着剤や塗装剤に含まれているホルムアルデヒド(ホルマリン)が大きく取り上げられています。
平成15年7月1日より建築基準法におきまして、居室及び同等の機能をもつ室内の内装材にはホルムアルデヒド発散等級を表示した製品の使用が義務付けられました。
これにより、床、壁面、天井面には登録及び認定を受けた材料以外は使用できなくなりました。
これからは身体と環境に優しいF☆☆☆☆製品をお勧めいたします。

全国天然木化粧合単板工業協同組合連合会
ホルムアルデヒド放散等級表示登録制度

適用製品に該当する木質材料を構成する材料(基材、接着剤等)のホルムアルデヒド放散等級等を全国天然木化粧合単板工業協同組合連合会が提出書類により確認し、その内容を登録するもの。登録された木質材料については、「全天連ホルムアルデヒド放散等級表示」を行うことができる。

国土交通大臣認定

申請材料と製造方法によるホルムアルデヒド発散建材としての認定。同製品を試験測定し、評定委員会を経て、国土交通大臣より認定を受けました。同製法による製品であれば以前のものでも表示することが出来ます。
第三種ホルムアルデヒド発散建築材料:F☆☆☆
規制対象外ホルムアルデヒド発散建築材料:F☆☆☆☆
の2つの認定を受けております。

社団法人日本建材・住宅設備産業協会
ホルムアルデヒド放散等級表示登録制度

上記にあるJAS 規格又は国土交通大臣認定の化粧板等はホルムアルデヒド発散等級が容易に確認できますが、規格及び認定がない化粧板等については自らホルムアルデヒド発散等級の証明・表示をすることが必要になります。材料を複合した複雑なものも多く、その場合、複数の基材及び接着剤等の材料性能確認を行い、その旨の複雑な表示をしなければならず、現場等での確認作業を簡素化するために、分かりやすい等級確認やカタログ等への表示が求められます。そのため、社団法人日本建材・住宅設備産業協会の「ホルムアルデヒド発散等級表示規定」に基づき、ホルムアルデヒド発散等級の自主表示制度(業界団体表示制度)に申請登録いたしました。

JAS天然木化粧合板

登録認定機関である(財)日本合板検査会よりJAS工場としての認定をうけた工場で製造された化粧合板。品質管理担当者により外観・表面・裏面の品質と寸法、含水率の品質管理検査と、第三者検査機関に委託し、JAS規格に準じた浸せきはく離試験(2類)・寒熱繰返しB試験・含水率試験、毎月2回のホルムアルデヒド放散量試験などの品質管理試験を行い、検査・試験に合格した製品。