建築基準法により、ホルムアルデヒド発散建材等の居室に関わる部材に対して厳しい制限が設けられております。
規格の『F☆☆☆☆』が位置付けられ、ホルムアルデヒド放散等級別に性能登録と性能表示を義務付け、無表示のものは使用禁止となりました。

ホルムアルデヒド放散等級表

建築材料の区分 ホルムアルデヒド
の放散基準
JIS、JASなどの
表示記号
内装仕上げの制限
建築基準法の
規制対象外
最大値0.4mg/L
平均値0.3mg/L
F☆☆☆☆ 制限なしに使える
第3種ホルムアルデヒド
発散建築材料
最大値0.7mg/L
平均値0.5mg/L
F☆☆☆ 使用面積が制限される
第2種ホルムアルデヒド
発散建築材料
最大値2.1mg/L
平均値1.5mg/L
F☆☆ 使用面積が制限される
第1種ホルムアルデヒド
発散建築材料
最大値7.0mg/L
平均値5.0mg/L
F☆ 使用禁止
close